雑記

ある研究者の日常(12)一旦公募戦士を退役しました

 

お久しぶりです。ハルトです。

 

本当にお久しぶりです。

 

ふと公募戦士のブログ検索してたら自分のブログが結構上に出てきていたので、

久々に書いてみようかと思いました。

 

助教(任期付き)ラスト3ヶ月

 

怒涛の3ヶ月でした。

 

ここぞとばかりに仕事が増えました。

 

コロナが再び猛威を奮ってきましたので、

私のいた学科ではiPadを25台急遽購入し、

設定は全て私に丸投げでした・・・ふふっ・・・。

 

何度AppleIDを入力したでしょうか。

親の仇のようにiPad連打してました。

 

さてさて、そんなんこんなで無事に(?)前職場を後にしました。

 

4月から新たな仕事も増えまして、あれよあれよと二週間経ちました。

 

でもとても充実しております。

 

ただ、正直ここに骨を埋めるつもりもありません。

 

最終的には地元の大学でという思いがあります。

 

しかし、7・8年(予定)はこちらでお世話になろうと思っております。

 

腰掛と言われればそうですが、全然そんなつもりで働くつもりはございません。

こんな私を拾っていただけたので、精一杯尽力しようと思います。

 

 

 

精神的に

 

こちらの職場に来て、改めて感じています。

 

任期が取れただけで、心の持ちようが全然違いますね。

 

無職になるという恐怖から解放されました。

 

採用していただいてから分かっていた事ですが、

4月からこちらの職場に来て、ようやく実感しています。

 

 

公募戦線を退きます(一時的)

 

公募戦士のブログを見ていて、テニュア取れた方が「退役」という言葉を使われていました。

上手だなと少し笑ってしまいました。

 

ここ数年、

日々公募を見続け、

応募できそうな大学やそこにいる先生を調べ、

というようなことが毎日続いていました。

 

今は日々の公募を見るだけに落ち着いていますが。

 

なんか忙しなかったなと思いました。

 

その時はとりあえず

公募出し続けなきゃ・・・

職がなくなる・・・・・

との思いで毎日前のめりに戦っていたような気がします。

 

上で7・8年はと言ったのは、少し疲れたからということもあります。

 

私も少し戦線を離れて、家族サービスの時間を作ったりしようかと思います。

 

 

ただ、公募戦線は終わりなき戦いです。

自分がそうであったように、毎日どこかで誰かが戦っています。

 

これからも、少しでも役に立てるよう何かしらの情報を提供していけたらと思います。

 

 

 

ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

-雑記

© 2021 Haru lab Powered by AFFINGER5