教育一般

【教員のメリット】教師の魅力的な部分はここ!【2020年最新版】

 

悩む人
悩む人
教員になりたいけどメリットは何だろう?
給料、待遇、やりがい、有給取れるのか‥。
具体的に知りたいな。

 

こんな悩みをお持ちの人、本記事を読めば教員のメリットが全部わかります!

本記事は、教員になりたいけど迷っている人の背中を押す、そんな内容になっています。

 

本記事で分かること

教員のメリット

・教員の収入(給与)について

・教員の福利厚生について

・教員という社会的信頼によるメリットについて

・教員の有給(年休)事情について

・教員のやりがいについて

 

 

本記事では教員という仕事がどのような面で魅力的なのか、教員という仕事のメリットは何なのかを徹底解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

教員のメリット①:安定した収入

とにかく、収入面で安定しています。さすが公務員です。

”安定”とはどういうことか‥?

 

社会情勢によって左右されません

例えば企業で働いている方などは、売り上げが下がるとボーナスがカットされるなど、会社の業績または個人の業績によって収入面も変わってくることがあります。

また、今回のように新型コロナウイルスの影響(本記事は2020年6月25日作成)などで社会経済が停滞すると、企業はどうしても影響を受け、すぐにその年の給与面に響いてくる方もいらっしゃいます。

しかし教員はその年に定められている給与から下がるということは一切ありません。

(法に触れることやらかしたらもちろん減給されます。)

 

これが、安定した収入と言われる所以です。

 

そして年に1万円ほど給料が上がっていきます

(全然授業準備もしない、子どもへの関わり方も適当な同僚が自分と同じように給料が上がっていくことに関しては疑問をもっていましたが‥)

ボーナスも年に2回(6月と12月)、どの自治体でも給与の2ヶ月分はもらえるはずです。

 

どの自治体の初任者でも年収400は超えるはずです。

ちなみに筆者は大学院に行っていたということもあり、400は軽く超えていました。気になる方は以下の記事をご覧ください。

参考【必見】教員志望者は大学院に行くべきか【経験者が徹底解説!】

続きを見る

 

教員のメリット②:福利厚生が手厚い

 

とにかく福利厚生が手厚く、手当も充実しています。個人的には、ここが1番の教員のメリットだと感じています。

 

健康保険はもちろんのこと、人間ドッグが安く受けられるなどのメリットがあります。

また、様々な施設の割引券や優待券をもらうことができます。休みの日に友達や恋人、家族と出かける際に活用することができます。この割引券や優待券の種類は本当に豊富なんです!

 

そして何より手当が充実しすぎています。

通勤手当は全額でます。期末手当、勤勉手当(いわゆるボーナス)や扶養手当など、一般的にどこにでも揃えられているものに加えて、場所によっては地域手当や住居手当、単身赴任手当、へき地手当など本当に充実しています。学校種によっては、特殊勤務手当ももらうことができます。

 

基本給から保険等で結構な額が控除されますが、手当てのおかげで控除額が気にならないぐらいの手取りはあります。

これは、教員だからこそのメリットです。

 

教員のメリット③:社会的信頼がある

 

社会的信頼が高いと、どのようなメリットがあるのか。

 

一番はローンが組みやすいことですね。

安定した収入があり解雇されることがないということは、お店側、ローンの審査をする側にとっても安心材料になりますよね。

そしてローンが組めるということは、車や家の購入をいつでも考えることができ、将来設計のしやすさがあるというメリットにもつながります。

 

また、周りから得られる印象も良くなります

初めて会う人などにも、教員をやっているということで安心感を与えられます。

 

「教員」という職業は、社会的な信頼がとにかく高いです。

 

教員のメリット④:休みがいつでも取れる!まとまった休みも!

 

有給(年休)に関して

 

有給(僕らの業界では年休という言葉を使っていました)は働いている人の権利です。

もちろん教員にもあります。教員は毎日授業があるから、休みが取りづらいという印象を持つ方も多いです。

 

しかし、いつでも休みは取れます

 

ただ、毎日授業があるため計画的に取る必要はあります(もちろん急な病気や用事は別です)。

前もって、いつ休みが欲しいのかを同僚や学年主任(ここは各学校のやり方があります)に伝えることで、その日のシフトを組んでくれます。

 

 

ポイント

有給(年休)に対しては、学年主任はもっての他、例え管理職(校長や教頭、副校長)でも文句をつけることはできません。また、有給(年休)の理由を聞くこともしてはいけないことです。これは、どこの業界でも共通していることですが、教員の世界でも同じです。有給(年休)の理由を執拗に聞いてきたり文句を言ってきたりするようならば、パワハラとなります。

 

 

ですので、教員でも安心して休みを取ることができます。

 

長期休暇に関して

 

次に、長期休暇についてです。いわゆる子どもたちの夏休みや冬休みの時のことです。

 

はじめに言っておくと、子どもたちにとっては夏休み・冬休みという言葉を使いますが、教員は違います。

教員の場合は、夏季休業・冬季休業と言います。

 

ご存知だとは思いますが、子どもたちが夏休みや冬休みだからといって、教員の仕事がお休みになることはありません。この期間も、もちろん出勤しなければなりません。しかし、普段なかなか取ることができない有給(年休)を消化するチャンスではあります。

 

 

体験談

僕の体験談を話します。

夏季休業期間中の出勤日は余裕をもって仕事(事務作業など)を行うことができます。なので、行事や研修が設定される日にまとめて仕事を終わらせて、行事や研修などがない日は全部有給(年休)を使ってました。なので2週間連続で休みをとって、旅行に行くなどしていました。

 

夏季休業中は、学校によって研修会や会議を詰め込まれますが、普通の学校であれば夏休み開始直後に詰め込み8月はなるべく教員がまとまった休みを取れるようにするなどの配慮があるはずです。

 

また、自治体によって日数は変わってきますが、夏季休業は有給が付与されます。僕は、夏季休業のときは自分の持っている有給とは別に5日間有給をもらうことができていました。

 

 

普段なかなか休むことが難しい教員は、ここでまとまった休みをとって羽を伸ばすことが出来ます

もちろん、2週間休んだからといって給料が減るということは一切ありませんよ!

 

ちなみに、僕の同僚で1ヶ月丸々休んでいた方もいましたよ!

 

 

教員のメリット⑤:やりがい(教員にしかないもの)

最後は、やりがいについてです。

教員にしかないやりがいがあり、これこそが最も伝えたい教員のメリットです。

 

子どもたちの成長を見とることができる

 

何といってもこれです。

6年間あるいは3年間子どもたちは学校に在籍します。1年間担任をすると、最後の日は必ず号泣してしまうはずです(僕は毎回号泣してました)。

1年間の成長はもちろんですが、日々ふとしたことで子どもの成長を感じることが出来ます。

 

友達への声かけやできなかった問題ができるようになったとか。

 

運動会や文化祭当日は毎回感動してました。

卒業式の日は、自分が卒業する学年をもっていなくても心が揺れました。

 

教員にしか感じることのできない感動を味わうことが必ずできます

 

自分の専門性の向上

 

専門性という言葉を使うと難しいですが、自分の成長も感じることができるということです。

 

教員になったら、日々子どもたちに分かりやすい授業を考えたり、楽しんでもらえるような授業を考えます。

そしてそれをすぐに実践する場があり、子どもたちの反応でそれがうまくいったかいかなかったかすぐに分かります。

 

子どもたちは本当に素直なんです。

 

ここで、自分の狙った反応を見せてくれたらすごい嬉しいですし、自分の教育にも自身を持つことが出来ます

しかし、毎回会う子どもたちは違います。同じ子どもなんてこの世にはいません。

 

教員にゴールはありません。ずーっと成長し続けることが出来ます

これは一つ教員のやりがいであり、メリットです。

 

教員のメリットまとめ

 

いかがだったでしょうか。

本記事では教員のメリットについて体験談も交えながら解説してきました。

 

教員のメリットまとめ

・教員の収入(給与)は安定しており、それなりの収入は見込める

・教員の福利厚生は手当てとともにとても充実している

・「教員」という社会的信頼によって、ローン等が組みやすく将来設計がしやすくなる

・教員は有給(年休)をいつでも取ることが出来、長期休暇はまとまった休みも取れる

・教員でしか味わえないやりがいがそこにある

 

この記事では、教員のメリット(良いこと)しか書いていません。

良いことばかりではありませんが、教員にはこれだけメリットがあるんです。

教員になるか迷っていて、少しでもその背中を押すことが出来たならば、本記事の価値はあったかと思います。

 

それではまたお会いしましょう。

ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

-教育一般

© 2020 Haru lab Powered by AFFINGER5