教育一般

【知育とは?②】エリクソンの発達段階から見る子どもの発達【乳児期】

乳児期とか幼児期って言葉あるけど、子どものいつのことを表してるの?

エリクソンは人間の一生は8つの発達段階に分かれることを提唱しました。

知育を始める前に、まずは子どもの発達段階を知っておくことは非常に大切です。

 

本記事でわかる内容

・エリクソンの発達段階

・それぞれの発達段階における心理的課題

 

エリクソンの発達段階

有名な発達心理学者にエリクソン(1902-1944)という方がいます。

ドイツ出身の発達心理学者である、エリク・ホーンブルグ・エリクソンは心理社会的発達理論を提唱し、人間の発達段階は8つあることを提唱した人物です。これがいわゆる、エリクソンの発達段階です。

エリクソンは、8つの段階それぞれにおいてクリアすべき課題があることを提唱しているのです。

 

ここで余談です。有名な発達心理学者のとしてピアジェの名前を聞いたことがあるかもしれません。

ピアジェとエリクソンの違いを簡単に説明します。

ここがポイント

ピアジェは、「成人をゴールとしたとき子どもの知的発達は4つに分けられる」と提唱しました。

対してエリクソンは、「人間の一生は8つの発達段階に分けられる」と提唱しました。

これにより、生涯学習の理論がどんどん広まっていったわけです。脱線しそうなので、まずエリクソンの発達段階を以下にまとめます。

 

発達段階 発達課題(心理・社会的危機) 活力
乳児期(生後〜1歳半) 基本的信頼 vs 不信感 希望
幼児前期(1歳半〜3歳) 自律性 vs 恥と疑惑 意志
幼児後期(3歳〜5歳) 積極性 vs 罪悪感 目的
学童期(5歳〜13歳) 勤勉性 vs 劣等感 有能
青年期(13歳〜20歳) 同一性 vs 同一性の拡散 忠誠心
成人期(20〜39歳) 親密性 vs 孤独 愛/幸福
壮年期(40〜64歳) 生殖性 vs 停滞 世話
老年期(65歳〜) 自己統合 vs 絶望 知恵

 

一つずつ解説していきたいと思いますが、その前にエリクソンの発達段階を知っておくことがなぜ大切かを解説します。

 

エリクソンの発達段階を知っておくと?

 

結論から言うと、子どもへの接し方が分かってきます。

「いや、もう私は(僕は)我が子への接し方なんてわかるよ‥」と思われたあなたも、子どもへ接する時に意識すれば良いことが1つ2つ増えるのは良いことじゃないですか?ぜひ最後まで読んでみてください。

また、エリクソンは大人にも発達段階があることを提唱しています。

この記事を見てあなた自身、今自分はどのステージにいるのか、自分は心理社会的危機をクリアすることができているのか振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

乳児期(生後〜1歳半):基本的信頼 vs 不信感

生まれてから、1歳半頃までの時期を乳児期と言います。この乳児期には、基本的信頼が育っていきます。

 

赤ちゃんは、親あるいは周りの大人に頼らなければ生きていくことができません。

例えば、お腹が空いた、おむつが汚れた、こう言う時赤ちゃんは泣いて自分の欲求を伝えます。

乳児期の赤ちゃんは基本的に快か不快の世界で生きています。

この時に、ミルクや母乳をあげたり、おむつを替えてあげたりすると乳児期の赤ちゃんは不快の感情から快の感情へと変化します。こうして、親や周りの大人に対して基本的信頼を得ていくのです。

基本的信頼を得ることができた赤ちゃんは、「希望」を持ちます。希望を持てることで今後生きていく中で様々なものを「信じる」ことができるようになります。

しかし、この時期に親からの虐待、いわゆるネグレクトなどで基本的信頼を得ることができなかった子どもは、今後も継続して不信感を持ち続けることになります。

 

乳児期は、子どもが基本的信頼を持てるように接することが大切です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では乳児期の子どもに関することを取り上げましたが、今後一つ一つ解説していきます。

 

本記事でわかったこと

・エリクソンは「人間の一生は8つの発達段階に分けられる」と提唱した。

・乳児期は、子どもが基本的信頼を持てるように接することが大切。

 

冒頭でも言いましたが、知育を始める上で子どもの発達段階を知ることはとても大切です。

子どもにどのように接したら良いか知ることはとても大切です。

そもそも知育って何?って思われた方は、こちらに解説した記事がありますのでご覧いただければと思います。

 

こちらもCHECK

【2020年版】知育とは?最新の研究から知育について解説

続きを見る

 

 

エリクソン発達段階シリーズ第2弾(続きはこちら)

こちらもCHECK

【知育とは?③】幼児前期(1歳半〜3歳)・幼児後期(3歳〜5歳)の発達

続きを見る

 

それではまたお会いしましょう。

 

 

ブログランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします♪

-教育一般

© 2020 Haru lab Powered by AFFINGER5